嘉入で取れたはちみつ、嘉入の果物で作ったジャムを嘉入で食べてもらいたい

昨日、とても嬉しいお葉書が届きました。

確かご来店いただいた前日に「パンはどこで買えますか」というお電話をいただいて

「瀬相のいっちゃむん市場にあります」という会話をしたと思います。


次の日

昨日のお客さん、パン買ってくれたかなぁなんて思いながら、加工場で後片付けをしていると誰かが来た気配。

「船が出るまで時間があるので、嘉入の1枚岩を見に来たら marsaの看板を見つけて、えっ、ここにあるの?と、思って来てみました!」ということでした。

キャンディーを買ってもらったり、ジャムを試食して買ってもらったりしました。

すでに、いっちゃむん市場で買って下さったと言っていたような・・・

「買ったパンに付けて 食べてみまーす」と、帰っていかれました。

そして、このお葉書。嬉しいですね。


時々、「よく嘉入でやろうと思いましたね」と言われることがあります。

看板を見て歩いてきても、「えっ、どこにあるの?」「もっと奥にあるの?」「本当にこんな奥でやってた!」と、驚かれることも よくあります。

始めた頃は、とにかく 緑が迫って山になっていくこの景色を見てもらいたくて、鳥や虫の声しか聞こえないというのを体験してもらいたくて、蜂が巣箱から飛び立って戻ってくる様子を見てもらいたくて。「見て見て、こんな素敵なところがあるのよー」という想いでいっぱいでした。

奥でわかりづらい、車を近くに止められない というのは、これっぽっちも気が付かなかったのです。


でも、また、3月に来てくれるなんて(千葉県からですって!)

とっても嬉しいです!

marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000