まだまだ可能性が実はあったりする

「ライフ シフト 100年時代の人生戦略」は、ペルーに行く前、途中まで読んでいた本。

これまでの人生80年が 100年になるから、生き方、人生観もそれに合わせて変えていかなければならないという話。

これを読んでいたから、長男の行動も受け入れられたのだと思う。

私たち世代より、長生きするらしいから、いろいろな可能性を探る必要があるらしい。

そして、ペルーに行ったから、

いろいろな人種や国の人の 生活や仕事ぶりや価値観を垣間見たから、最後まで読めたんだと思う。


この本を読むまでは、長寿と言っても、ボケたり寝たきりの期間が長くなるんじゃないのかなぁとか 長生きすれば、お金もその分必要になるよねぇと あまりいいイメージはありませんでした。

漠然と60歳とか65歳で、仕事は辞めて、後はどうするのかなぁとしか考えていませんでした。もっと早くジャムを作り始めていれば 良かったのにと思ったりもしていました。


読みすすめるうちに、ずっとジャムを作っていてもよくて、もう年だからとか、いつまで出来るかわかんないから なんて言っていないで、どんどんやっていいんだって、今からでも遅くないと思えて とっても未来が明るくなりました。

その為にも、ムリはしないで、運動はしないとねと思いました。



「50歳になって、過去を温かい記憶として振り返られる場所まで来て、

でもさらに前を見ると、まだまだ可能性が実はあったりする。」

YAHOO!ニュースの原田知世の記事に書いてありました。


「まだまだ可能性が実はあったりする」

ホント、実はあったりするんですよね、きっと。



marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000