ペルーで結婚式

今回たくさん休ませてもらったのは、長男の結婚式に出席する為。
かけろまに住んでいるので日本を脱出するだけで1日かかります。ペルーのリマまで3日。

ガーデンパーティーで雨降ったらどうするのかと思っていましたが、雨は降らないんだそうです。だいたい曇天なんだそうです。
行っている間も、ずっと曇っていました。
メキシコ音楽に合わせて、ダンス💃
何でメキシコ?私の英語力では、わからないので、聞かず。
最初は、新郎新婦が踊っていたのですが 段々と加わって半分以上の人がパートナーを変えながら踊っていました。
ペルー料理はハーブがアクセントになって爽やかで美味しいです。唐辛子の辛いのに気をつければ、日本人の口に合うと思います。
プチデザートが次から次へと出てきて、男の人もよく食べていました。お酒は出ませんでした。街中でも、酔っ払っている人やタバコを吸ってる人は 見かけませんでした。
サボテンは、簡単によく育つそうです。
人の背よりずっと高いのを屋上や 庭にあるのを見ました。
ボディコンが流行りなのか、街中もピチパチ服の人がいっぱい。どちらかと言えば、太めのグラマスな人が好んで着ているよう。見慣れてくると、健康的で明るい感じがします。逆に細いと貧相に見えてくるから不思議。
綺麗どころのお友達をパシャリ。
二次会は、遠くから来た親戚の為に借りたアパートに移って。
ペルー料理は大盛りで、また夜にも ちゃんと食べるからビックリ。お母さんや姉妹の手料理や、ケーキも出て、私は食べきれませんでした。
ペルーの一般的な結婚式が、どういうものか知らないのですが、20歳と21歳の若い2人らしい爽やかな、可愛いらしい素敵な結婚式でよかったです。
家族もみんなフレンドリーで会いに行ってよかったです。
リマ から1時間半 飛行機で行った所のアレキパからおじいちゃんとおばあちゃんも来て、一緒にリマ を案内してもらいました。

marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000