冬になったら喘息のように咳が止まらない長女を、雪が降らず、ある程度大きな病院があるところで育てたいと 思いました。

観光地化されていない、自然が残っている奄美 加計呂麻島(かけろまじま)、嘉入(かにゅう)に2007年移住することにしました。 
ここ嘉入は、前が海、後ろが山。
鳥と虫の声、風の強い日には波の音。
ほかに何も聞こえない、自然豊かで静かな集落です。
ここに住み続けたい、ここだから出来るものは何か?
鳥が食べるだけで、人に食べられることなく
腐って落ちていく美味しい果物がたくさん
ありました。
ここから生果を送ると東京には2~3日かかります。
もったいないので何か保存食に、と思いついたのがジャムでした。

農薬も肥料も使わずに元気に育っている果物です。
だから、そのまま無添加で、
お砂糖は精製度の低いミネラルいっぱいの
島のお砂糖、島ざらめを使いました。

なぜ、無添加なのか…長男がひどいアトピーで
食事療法で乗り切りました。
卵はもちろんダメ。お米にも反応して、
ひえやあわの回転食。
長男と同じものを食べているうちに、
私の花粉症や季節の変わり目にひいていた風邪も、気が付いたら無くなっていました。

食べ物は大事ですね。
なるべく安全な食べ物を選びたいと思うようになりました。
白いお砂糖は使わずに、島ざらめでジャムに。
島ざらめを使うことで、コクのあるまろやかな甘みの、果物の美味しさがギュッと詰まったジャムが出来ました。

美味しい…シマでは「まーさ」と言います。

マーサジャム…美味しいジャム
と、言ってもらえるように 丁寧に心を込めて作っています。

花田絵美子