60はいけるかも!?

夕方になると電池が切れてきて、残りの一仕事、夕飯を作るというのに なかなか取りかかれなくて困ります。

海に浮かぶと体がラクになり、頭がスッキリするので行きたくなります。

子供がいた頃の夕方は、忙しくて、疲れているなんて関係なく、子供の帰宅時間に合わせて、薪でお風呂沸かしながら夕飯作って、片付けて、宿題や連絡帳を見て、明日の準備をさせて、子供寝かせて、朝食の準備して・・・。


子供が出て行ったら寂しいとは聞いていましたが、考えればそうだけど、考えなければ、とってもラクで、びっくりしました。

だって、泳ぎたいと思ったら、こんな時間からでも 泳ぎに行けるんです。

夕飯の時間も大人時間でOK。食べるものだって、自分たちがよければ大丈夫。

片付けだって2人分なら、ちょちょいのちょい。


ということで、今日も海へ。


子供がいなくなると 海に入らなくなるのかなぁなんて、ぼんやり思っていました。

でも、そんなことなくて1人でも入っちゃいます。


20代の頃、30代の職場の先輩が「年とか日焼けとか気にしない。40になっても、海に行くよー」と言うのを聞いたとき、私は30なら行くと思うけど40はどうかな?と思ったのがウソのように 軽くクリアしています。

でも、それは嘉入だからかも。

普通の海水浴場だったら、人目を気にして、年齢や体型や着る水着を考えてしまう。

嘉入で良かったぁ。60はいけるかも?という感じです!?

marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000