はちみつ絞り

この春は、たくさん はちみつが取れています。
蜂をよく見ているからだそうです。

どういうことかと言うと、蜂が増えてくると「分蜂」と言って、女王蜂が働き蜂を連れて引越していってしまいます。
引越しされてしまうと、巣の勢いが弱くなり、しばらく蜜は絞れなくなってしまいます。

今年は、蜂が増えてきたら巣の板を増やしたり、2段にしたり、女王様が居なかったら、作るように動かしたり、今までより世話をすることが出来たんだそうです。

巣の板の蜜がいっぱいになると、蜂は蓋をします。そうなったら、蜂蜜を絞っていい合図です。
ナイフでゆっくり、巣を壊さないように、蓋だけ取り除くようにします。
その後 遠心分離機にかけ 濾過して瓶詰め、生はちみつです。

marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000