嘉入のノロ

ジャムの納品も兼ねて、諸鈍にある加計呂麻島展示・交流館に行ってきました。
芭蕉の着物を見たかったのもありました。
着物は とても薄く 繊細で、この着物と扇子のコーナーは 神々しい雰囲気がありました。
写真の説明に「嘉入集落」とあり「えー、私何も知らない」と驚いてしまいました。

無くなってしまった行事や習慣の話しは、少しは聞いたことがあったからです。


今日、おねえに写真を見せて聞いてみると
「隣りに住んでいた おばさんよ。」またしても、私は「えー!」
「小さい頃のことですか?」
「いやー、そんなことないよ。」
少しだけ聞いてみました。
○○ばあが死ぬまで、20年ぐらい前まで、やっていた。
○○ばあの家の裏で、ミキを作って 皆んなは白い着物を着て トネヤまで歩いて行った。
隣りのおばさんは上の方だったから、この立派のなのを着ていた。
料理やミキを作るのは 手伝っていたけど、
トネヤで何をしていたのかは見たことが無い。
△△ばあも××ばあも(私の知っている100才近くのおばあ)も呼ばれたことがない。
どんな基準で、参加できたのか知らない。

聞いて わかったような、わからないような。
割と最近までやっていたのに、見たことのある人がいないなんて。

そう言われれば、集落の家々よりトネヤの方が新しい。








marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000