あやまる岬にもmarsaジャム

次男の長い春休みも今日で終わり。
空港まで送りに行ったので、少し足を伸ばして あやまる岬の展望台に。
1週間ほど前からmarsaのジャムを置いてもらっているので、どんな様子か気になっていました。

雨が降っていて、傘を持っていなかったので
きちんと海を見ることなく、観光案内所&カフェの建物へ。
まだ、工事中。
右側の建物が観光案内所です。
海側が、ぐるりとガラス張りなので
天気が良かったら、それはもう絶対きれいな海が見えるはず。


見て見て!と 天井が気に入った娘がパチリ。
知人と話している間に、カフェスペースも
撮っていた!
娘を寮に預けて、2時のかけろまフェリーに乗りたい!という予定だったので、
展望台からの景色も見る間も無く、帰路へ。

かけろま島は、雨が上がっていて、
びわも乾いていました。
最後のびわを収穫し、ジャムを作り終えることが出来てホッとしました。

明日から21年ぶり 夫婦2人の生活が始まります。

marsa-jam

marsa まーさ(奄美の言葉でおいしい)ジャム。 奄美 加計呂麻島で農薬や肥料を使わないで果物や野菜を育て蜂を飼い 無添加のジャムやピクルスを作っています。 ジャム・畑・南の島の田舎暮らしを綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000