BLOG

今日は、久しぶりに夕日を見に行きました。
ここのところ、少しでも時間が出来ると、〇〇が出来る、△△だと ちょっとオーバーしちゃうけど、やっちゃおうという感じで、詰め込めるだけ詰め込んで、毎日ヘトヘトでした。
今日、夕方少し時間がありました。
たんかん&くるみのジャムなら出来るかも⁉︎
って思ったけど、時計を見たら5時。
出来ると言えば、出来るけど、このくらいに終われるようにしないと。

やりたい気持ちを抑えて、ちゃんと家事をもしなきゃね。

夜も、久しぶりに ゆっくり出来て、たまには こんなペースの日も作らないとと思いました。

山の方を見たらピンクの雲がきれいでした。めざせ

今日も 日差しが強く、暑くなりました。

パンの袋詰めをしていると 「はちみつアイス」を食べに、お客様が来てくれました。 

「はちみつアイス」のはちみつは、ここ嘉入と阿多地の蜜になります。
お店のテーブルから、蜂の巣箱が見えます。ここしばらく、蜂があまり飛んでいなかったので、寂しい感じがしていました。暑くて、蜂もバテているのかな?と思っていました。

今日は、蜂がブンブン飛んでいるのが見えました。

やっぱり蜂が元気に飛んでいるのを見ると、嬉しくなります。

元気ももらえます。

午後 白グアバジャムを作っていると「はちみつアイス」を食べにお客様が来てくれました。
やっぱり、暑いですものね。
嘉入の滝をわからずに 通り過ぎて来てしまったそうです。

この後、宿に帰ってお昼寝をすると言っていました。思わず「贅沢❣️」

しばらく かけろまに滞在するから出来ること。

素敵な最後の夏を楽しんでいるのが伝わってきて、パワーもらえました。

やっぱり、ドラゴンフルーツは、外せない!
シーズン中は、とっても高価で手が出ませんが、今頃になると少し安くなってきます。
グワァーと、火を吹くような迫力のあるアクが、上がってきて、まさしくドラゴーン!
ウロコのような皮も迫力があります。
熟くしてくると、手でするっと剥けるあたりからは、ドラゴンって言っても大丈夫っていう気がしてきます。
とはいうものの やっぱり迫力のあるドピンク。
ドピンクばかりで、ジャムを作ると黒っぽくなってしまうので、白も混ぜて。
あの火を噴くようなアクをグラスに注ぐと こちら。ドラゴンフルーツの香りと種のプチプチが ふわふわのクリームと一緒になって とても上品なドリンクのようになるんです。これが とても美味しいのです。
ほんのりと甘くて、ふわふわとプチプチとピンク。とても乙女で、テンション上がります。


子供がいた時は、6時10分頃 子供が帰ってきました。

5時半には、ジャムを作り終え、夕飯作ったり、薪風呂沸かしたりしなきゃという段取りでやっていました。

子供がいなくなったら、ピンクグアバも白グアバも島バナナもって、

果物が悪くなったら勿体ないって、

ランチが終わった後も 目一杯ジャムを作ってしまうように。

7時過ぎは当たり前、8時近くまで作ることも。
そして、翌朝6時からパン作り。



今日は、長女が帰寮する日。

早く、終わりにして、夕飯作って、薪風呂沸かして。

寮では、シャワーしかないから、娘は お風呂を楽しみにしてる。


仕事の仕方 考えないとね。

おととしのミカンコミバエの対策でグアバの木がたくさん切られました。

切られずに残っていた木も、枯れたり、台風で倒れたりしてしまいました。

その為、今年はピンクグアバの収量が少ないです。

白グアバは これからが熟してきて本番。

山の畑に新たに白グアバの木を発見したので、白グアバは、昨年同様ぐらい取れそうです。


思っていたより、グアバジャム作りは忙しくない感じです。


その代り、島バナナが思っていたより良い感じです。

台風で倒れた木が多くて、どうかな?と思っていたのですが、

段々熟してきました。


黄色くなってきたら、食べたくなりますが、渋かったり、ジャムにしても美味しくなかったりするので、黒い斑点が出てくるまで待ちます。

でも、黒くなり始めると、一気に全部黒くなってくるので、食べ切れないという事にもなります。やっぱり、ジャムにするのが1番です。

子供が3人いた時は、いつのまにか食べられてしまって、なかなかジャムに出来なかったのですが。



思ったより、グアバが取れないので

しばらくランチは予約制で続けていこうと思います。

ぜひ、お越しください。

前日までに、人数と お越しになるだいたいのお時間をお知らせください。


おまかせのパンとスープのセットです。

2人以上でしたら ピザパン(お一人の時はサンドイッチ)と


パンとmarsaジャム

島野菜のスープと小さいパン、ピクルスのセットでお一人700円です。

ドリンク&デザートもあります。

お電話どうぞ。070-4405-6203

帰寮する娘と 娘を送って行く主人を見送って、さぁ、グアバを取りに行こうと、空を見ると、真っ黒い雲。雨が降るのかなぁ?
洗濯物をしまって、グアバを2個取ったら、ザーッと雨。
一時退散。
苦瓜(にがうり・ゴーヤー)を刻んで、ピクルスの下ごしらえをすることに。

雨が上がって、グアバを取りに。
草生栽培なので、草を生やしているのだけど、ハブがいないか、いつもドキドキ。

大きな草と思ったら、グアバの小さな木がいっぱい。
踏まないように、草と間違えて切らないように、大きくな〜れ。

でも、隣にたんかんの木があるので、切ることになっちゃうかなー?
ジャム用には 黄色くて、触って柔らかい、グアバを取るのだけど
取ってみると、向こう側は、穴があいていることも。
鳥がつっついて穴を開けた後、カナブンやスズメバチが汁を吸って、アリが食べて。

高いところのグアバを取って、アリがいると、こんな高い所まで、登ってきて頑張ってる!と思う。そして、そのグアバに大きな穴が空いていると 取らなければ良かったと思う。ジャムに使えなくて、その場に捨てるだけだから取らずに、頑張って登ってきた虫に食べてもらえば良かったと思う。

果物を取っていると、必ずカラスがやって来てカァーカァーと鳴く。襲ったりは して来ない。私より、絶対カラスの方が強いのに。人間は強いと カラスに覚えさせた先輩達に感謝する瞬間です。
小さいびんのジャム10本のリクエストが入りました。丁度 今作っているジャムがあったので、お受けすることにしました。
島バナナとグアバです。

両端の小さいびんの口が少し大きいようにも見えますが

フタの大きさは一緒なんです。
ジャムを入れる時、びんの口を汚すことが多く、何かいい方法はないかなと思っていました。
ところが、今回小さなびんに入れる時、ほとんど汚さなかったのです!
びんの口の大きさは、同じなのに。

どういうことか、考えてみたのですが、
○小さいびんなので、集中する時間が短くてすむから。
○汚さないぞという気合いの入り方が違ったから。
の2点ぐらいしか思いつきません。
かなり、集中しました。

小さいびんだと、レードルで1杯と微調整。
いつものびんだと、レードル1杯と「ちょっと」と微調整。
この「ちょっと」の量をどのくらいにするかが、難しい。上手く つかめていなくて、もたついていて汚してしまう。
書いていて、思いました!
「ちょっとの量」を把握する。今度から気をつけてやってみようと思います。
昨日は、名瀬 alo alo yellow   1・2・3マート、空港近くの晴れるベーカリー、あやまる岬のしーまカフェの4ヶ所に納品してきました。
綺麗な海、素敵なお店の写真も撮らず、図書館にも寄らず、買い物もしなかったのに、かけろま島へ帰る最終フェリーに駆け込みギリギリ乗ったという慌しさ。
今週は生協の注文をし忘れたので、この日の買い物は必須。ピクルスやスープに使う月桂樹も絶対欲しかったのに。

今日、ランチも入っているので、主人に買い出しに行ってもらうことに。
家に帰ると、バナナが黒くなっている!!
明日まで待つと何本か落ちてしまいそう。
でも、島ざらめもない!
買おうと思っていたんだ。
でも、1袋あったはず。あと、袋の開いたのと。
ある分のざらめで出来る量のバナナでジャムを作ろう!
バナナを無駄にしないで済むと思うと嬉しくて疲れも飛ぶ。不思議だ。

にがうりも、月桂樹待ち、
バナナもグアバも島ざらめ待ち。
そして、今日はランチも入っている!
どこまで出来るのか、出来ないのか。
どんな段取りで進めていくか、ちょっと考えどころ。でも、ちょっと楽しみ。

こうして見ても、どっちが白で どっちがピンクか、わからない。
皮をむくと

細かい目のざるで種を濾すので

とってもクリーミー。

台湾のグアバジャムは刻んでいたけど、私はこっちが好き。



島ざらめとレモン汁を入れて煮るとジャムに。


島ざらめを入れると、ちょっと色がくすむのが残念だけど

味はグラニュー糖を使うより、まろやかで優しい。

コクというか複雑さというか、ニュアンスがある。

朝 パンを作り終えて工房から家に帰る時 、ゆるい坂道の先に、

与路島が、まるで湖の対岸かのように見えて びっくり⁉️


なんだか、いいもの見た気分で、

それに、今日はパンを冷ましている間に、グアバの皮剥きも終えて いい調子。

こうして見ると ピンクの部分もだいぶ取ってしまうことになるのだけど

白い部分がジャムに入ると、固くエグミのあるような感じがします。




そして、ランチの予約がないと、このパンを焼いた後、

ジャムの梱包作業をする予定でいるのですが、

なぜか、集荷してもらう時間ギリギリまで とりかからず、

そうすると だいたい「今日ランチできますか?」という電話がきて

「できますよ。」と、答えてバタバタ。


ところが、今日はテキパキと梱包作業も終えて

「ランチできますか?」にも対応。


ランチ後 グアバジャムも出来上がって、ますます いい感じ。



夕方、帰り道、もしかしたら朝見たのは 与路島ではなくて、立神の先の方かも

と、海まで行ってみると

わぁ、きれい!徳之島も見える!(大きい雲の下にうっすらと見える島)

なんて、今日もいい日なんだろう!

って、写真撮って帰ってきてしまって

今 考えると ん?与路島だったと思うけど、この写真を見ると、

立神の先(写真左はし)のようでもあるし・・・。わかんない・・・。


今日はtake outサンドを7人分、lunchを12人分(大人6人、子供6人)。
じつは、こんなに作るのは初めてで、土曜日に来るはずの生協が 台風の影響で来なかったり、食器や椅子も12人分もなかったり。
工夫の余地 大あり。

どんなパンを作るのか、何グラム生地を用意するのか、どんな順番で焼くのか、冷めて梱包するまでにどの位時間がかかるのか、朝何時から作業すれば間に合うのか、ピザは焼き立てを出したいし、ちょっとドキドキ、ちょっとワクワクしながらがら計画を立てました。
そして、今日はそれを 修正しなくて大丈夫かなと 時間も間に合うかなと ちょっとドキドキしながら実行するだけ。
だんだんクリア出来てくると、それはもう嬉しいし、出来上がったら、やったぁという感じです。
ついに、お客様が来られて「美味しそうな匂い〜」
お料理を運んで「美味しそう!」
食べて「美味しい」と言ってくれたら、心の中でガッツポーズです。
この一言が聞きたくて 前日から、ドキドキしてるんだなぁと思います。



食器も総動員したけれど、水玉の布を日よけにしたら気分も上がって、洗い物にも慣れてきたというのもあって 思ったより短時間で出来ました。
気分はいいけど やっぱり疲れていて、そんな時は、海に入る!
海に浮かんで、空を見る!
とっても いい1日でした。